WordPress Rensaba site

WPXサーバーとエックスサーバーの評判と比較 ワードプレスとレンタルサーバー

サーバー全般

あとから転送量を増やすことができるWPXクラウドを借りてみちゃう

投稿日: 更新日:

試していたMixHostが合わなくて、でもMixHostに引っ越したブログを元のレンタルサーバーに戻すのも出戻りみたいでできなくて、WPXクラウドを借りちゃいました。最下位プランなのでMixHostと月額料金はほとんど変わらないのでいいんです。

転送量を増やせるのでWPXクラウドにしました

MixHostならブログを無制限に作成できますが、WPXクラウドだとワードプレスのブログを一個しか作成することができません。でも、いいんです。結局は転送量制限があるんだから、無制限に作成できてもできなくても同じことです。

さすがに、WPXクラウドだけだったら、そうも言ってられないと思うけど、エックスサーバーを借りてるからいいんです。WPXのクラウドじゃなくてレンタルサーバーも借りてるのでいいんです。WPXレンタルサーバーは、ワードプレスのブログを10個作成できます。

この他にも、ミニバードとファイアバードを借りていますが、今になると転送量が少ないのが、ちょっと気になります。気が付いた人もいると思うけど、すべてのレンタルサーバーがエックスサーバー系なんです。

大きく育って欲しいという願いを込めてWPXクラウドを選択

MixHostを試用はしてだけど、交際していた訳ではありませんが、MixHostとは、相性が悪かったとしか言いようがありません。相性って、どっちがいいとか悪いとかってことではないんだけど、うまくいかないんです。

それで、相性のいいエックスサーバーが運営しているWPXクラウドに引っ越しました。元のレンタルサーバーに出戻ったのでは肩身が狭いですから、WPXクラウドにしたんです。WPXクラウドは、プランを変更することで転送量を増やすことのできるんです。大きく育って欲しいという願いを込めてWPXクラウドを選んだんです。

ブログが成長してアクセスが増えて喜んでいたら、レンタルサーバーの転送量制限を超えるようになって、レンタルサーバーから出て行かざるを得ない状況にになることがあります。アクセスが増えたのはいいことです。だけど、レンタルサーバーを出て行くのは面倒なんです。

しかも、転送量制限で出て行く場合、急いで引っ越ししないといけません。レンタルサーバーを探すだけだって、1日くらいは必要ですし、いろんな作業をするので、急ぎたくても急げないんです。それで、アクセスがないのにWPXクラウドにしたんです。


-サーバー全般

執筆者:

-関連記事-

転送量が300GBを超えて、引っ越しするなら嬉しいくらい

このブログは、エックスサーバーでもなくWPXレンタルサーバーでもありません。さらに、ミニバードでもなく、ミニバードと同じネットオウルのファイアーバードを使っています。でも、表示速度は、エックスサーバー …

初めてのブログなら表示の速いミニバードでもいいと思う

今、借りているレンタルサーバーは、エックスサーバーとWPXレンタルサーバー、そして、ファイアバードとミニバードです。エックスサーバーとWPXレンタルサーバーは、エックスサーバーが運営しています。ファイ …

同じアカウントのレンタルサーバーはIPアドレスが同じ

レンタルサーバーを複数借りる場合に、同じアカウントでレンタルサーバーを借りると、同じIPアドレスになります。だから、もし、同じIPアドレスにしたくない場合は、新規にアカウントを取得して、レンタルサーバ …

レンタルサーバーの迷惑メール設定を無効にして転送してます

レンタルサーバーでメールアドレスを作成している人は大勢いると思いますが、レンタルサーバーのWEBメールを使っている人は、その割には少ないと思うんです。きっと、Gmailなどにメールを転送してるんだと思 …

UptimeRobotにログインしてレンタルサーバーの状況を確認しました

UptimeRobotを確認してみると、エックスサーバーは100%でした。エックスサーバーのブログは全て100%の稼働率ってことです。wpxレンタルサーバーは、99.99と100%が半分ずつです。この …