レンサバとワードプレス.net

レンタルサーバー比較とWordPressのタカのブログ 初心者におすすめの個人向けレンタルサーバー

テンプレート

タイトルにキーワードが入るようにブログ名にキーワードを使うといい

投稿日:

個別記事のタイトルの後にブログ名が表示されることが多いと思います。確認するには、個別記事をブラウザのお気に入りに登録してみればいいんです。<title></title>の最後にブログ名が入っているか入っていないかってことです。ブログ名にキーワードを入れているのであれば、絶対にブログ名を表示しましょう。

ブログ名にビッグキーワードを入れるのは基本中の基本です

ブログ名にビッグキーワードを入れることで、全ての<title></title>にビッグキーワードを入れることができるんです。これが、ブログ名にビッグキーワードを入れる最大のメリットだと思います。

だけど、テーマを絞ったブログにする必要があるんです。ノンジャンルのブログだから良くなくて、テーマを絞った専門ブログだから良いってことではありません。だけど、テーマを絞ったブログでないとビッグキーワードを入れられないんです。

それに、ブログのテーマを絞ると記事が書きにくくなります。その代わり、ブログのテーマがはっきりして検索エンジンで上位表示されやすくなるんです。ノンジャンルのブログの方が記事が書きやすいんだけど、一般人だと、どのキーワードでも上位表示されないことが珍しくないんです。

記事にスモールキーワードを散りばめるようにしましょう

ブログのテーマを絞れば絞るほど、ライバルのブログやホームページが減ることは確かなんです。でも、テーマを絞りすぎる記事が書けなくなりますので適度にテーマを絞りましょう。

ブログ名に使うキーワードはビッグキーワードにするのが基本です。全ページの<title></title>に表示されますから、ビッグキーワードにした方がいいんです。

そして、記事にタイトルにミドルキーワードやスモールキーワードを使うんです。スモールキーワードなら、記事のタイトルに使うだけで上位表示できることもあります。記事のタイトルで使ったキーワードは見出しにも使うと効果的です。

検索されるキーワードを散りばめた記事を書くのがいいみたいなんだけど、この散りばめるっていうのが良く分かりません。だけど、記事を書くときにスモールキーワードを使えばいいってことだと思います。

詳細は →

WordPressテーマ「ハミングバード」


-テンプレート

執筆者:

-関連記事-

見出しタグを変更してまで、テンプレートをSTINGER8に変えました

テンプレートを変更してSTINGER8した今となれば、テンプレートをSTINGER8にして正解でした。テンプレートをSTINGER8にしたことよりも、テンプレートを変えるために、見出しタグをH3からH …

見つかりませんでした。と表示することができるようになりました

ブログ内を検索して、該当する記事が1件もなかったときに何も表示してなかったんです。それでもいいって思っていたんだけど、このブログのように記事が少ない場合は、該当する記事がないことだらけなんです。それで …

AFFINGER4とSTINGER8のコンテンツ幅の設定の仕方の違いについて

AFFINGER4には、カスタマイザーがあって「PC閲覧時のサイトの幅」というところに数字を入力するだけです。STINGER8には、カスタマイザーがないので、子テーマのCSSに追記することでコンテンツ …

ヘッダーのCSSを削除して、フッターにCSSを記述して読み込ませてます

すべてのJavascriptをヘッダーからフッターに移動しています。だけど、不具合が出なかったのは、たまたま運が良かっただけで、すべてをフッターに移動すると不具合が出てもおかしくありません。すべてのJ …

賢威7ならカスタマイズせず、デフォルトのままで十分です

インターネットでデフォルトっていうのは、出荷時の初期設定といえるものです。テンプレートの場合、何のカスタマイズもしていないってことです。SEOテンプレートの賢威7だったら、カスタマイズしなくても大丈夫 …