WordPress Rensaba site

WPXサーバーとエックスサーバーの評判と比較 ワードプレスとレンタルサーバー

WPXサーバー

WPXレンタルサーバーでW3 Total Cacheを使ってはいけないんですね

投稿日:

モバイルでもキャッシュを生成してブログの表示を速くしたい!って思ってキャッシュプラグインを使ってみたんだけど、ブログが真っ白になったんです。バックアッププラグインでもあるAll-in-One WP Migrationでブログをエクスポートしていたので、すぐにブログを復旧することができたんです。だけど、どうしてだったんだろう?と思っていたんです。

WPXレンタルサーバーでW3 Total Cacheは使えない

そうしたら、WPXレンタルサーバーでキャッシュプラグインのW3 Total Cacheを使ってはいけないってことだったようです。少なくとも相性が良くないみたいなんです。よく分かりませんが、誰がやってもWPXレンタルサーバーでW3 Total Cacheを使えないってことなんでしょうか?

そう思っていたら、WPXレンタルサーバーでW3 Total Cacheを使えないってことのようです。そうなると、エックスサーバーのブログなら、W3 Total Cacheを使えるんじゃないか?と思ったんです。

エックスサーバーとWPXレンタルサーバーを借りていて、主要なブログでW3 Total Cacheを使ってみたんです。確認してみたら大丈夫そうなので、もうちょっとW3 Total Cacheをインストールしてみようってインストールしてるところだったんです。

エックスサーバーでは、W3 Total Cacheが使えたのかも?

気がついたら、ブログが真っ白になっていて、慌てて全てのブログをAll-in-One WP Migrationで前日の状態に復元したんです。このとき、もう少し冷静でいられたら、真っ白になったブログがWPXレンタルサーバーを使っているブログだけだったのか確認することができたんです。

だけど、とにかく慌ててしまって焦ってしまったんです。WPXレンタルサーバーを使っているブログだけが真っ白になっていて、エックスサーバーを使っているブログは大丈夫だったのかもしれません。そうだったら、エックスサーバーを使っているブログは、W3 Total Cacheを使えていた可能性があります。だけど、今になって手遅れです。

そのとき、確認しておくのが一番良かったんだけど、今から、もう一度W3 Total Cacheにチャレンジしてみようと思ったりするんです。どのブログも復元できているので被害はありません。ブログを復元するのに、合計でも1時間くらいしかかかっていないんです。でも、再チャレンジしてはいません。

wpXレンタルサーバーで「W3 Total Cache」が500エラーになる問題の解消方法、ピンチから脱出! | ネタワン

詳細は →

wpXレンタルサーバー


-WPXサーバー

執筆者:

-関連記事-

WPXレンタルサーバーが、504 Gateway Time-outになっちゃう

WPXレンタルサーバーを使っているのですが、記事を書いて投稿した後に修正して保存すると、504 Gateway Time-outになることが目立ってきました。記事を修正して保存を始めたまま時間がかかっ …

WPXレンタルサーバーの全ブログが平均読み込み時間が0.00秒なってる

少しでもWPXレンタルサーバーのブログの表示速度を速くしようと、ブログを引っ越しさせて減らしたんです。確認してみたら、「サイトの速度についての提案」の「平均読み込み時間」が0.00秒だったんです。しか …

WPXレンタルサーバーなら、CPU使用率を確認することができるんです

サイドバーに人気記事ランキングを表示していますが、プラグインを使ってないんです。プラグインなしで人気記事ランキングを表示してるんです。それは、今まで使っていた人気記事ランキングのプラグインが重いからで …

エックスサーバーより速いかもしれないWPXレンタルサーバー

WPXサーバーには、レンタルサーバーとクラウドがありますが、借りているのはWPXのレンタルサーバーです。アクセスの多いブログならクラウドにすればいいし、複数のワードプレスをやるのなら、レンタルサーバー …

WPXレンタルサーバーなのに平均読み込み時間が遅い理由が分からない

WPXレンタルサーバーだって、多すぎるブログを詰め込んだり、多すぎるプラグインを使えばブログが遅くなります。このことは、WPXレンタルサーバーじゃなくてエックスサーバーでも同じことです。 目次1 昨日 …