WordPress Rensaba site

WPXサーバーとエックスサーバーの評判と比較 ワードプレスとレンタルサーバー

WPXサーバー

プラグインでリンク切れをチェックすると、平均CPU使用率が上がる

投稿日:

やっぱり、プラグインのBroken Link Checkerでリンク切れをチェックするのが楽なんです。楽をしようと重いプラグインだから使わないようにと思ったんだけど、どうしようもありません。それで、またBroken Link Checkerを使っています。

負荷がかかるとリンク切れのチェックを中断する

再インストールして、WPXレンタルサーバーの「サーバー情報」の「リソース利用状況」でCPU使用率を確認してみると上昇してるんです。平均CPU使用率が上がってるんです。だけど、大丈夫だと思います。

それは、Broken Link Checkerのオプションの「高度な設定」に「サーバー負荷の制限」というのがあったからです。前からあったと思うんですけど、全く気がついていなかったんです。「高度な設定」には「リソース使用率の目標値」というのもあります。

「サーバー負荷の制限」と「リソース使用率の目標値」があることで、レンタルサーバーに設定以上の負荷がかかるとリンク切れのチェックを中断するんです。中断ですから、負荷が下がってきたらンク切れのチェックを再開するんです。

レンタルサーバーの負荷が高くなってくると、リンク切れのチェックを中断するので時間がかかってしまうと思うんです。レンタルサーバーの平均CPU使用率も上がってくると思うんです。

レンタルサーバーの平均CPU使用率は上がってもいい

だけど、レンタルサーバーのCPUの最大使用率は、100%程度までにできるかもしれません。絶対に100%を超えないってことではありません。でも、そんなに大きく超えることはないんじゃないかなと思います。

100%を超えるとしても、超える回数もそんなに多くならないんじゃないかと思うんです。だって、レンタルサーバーの負荷が高くなってきたら、リンク切れのチェックを中断するんですからね。

プラグインのBroken Link Checkerに、こんな機能があったなんて知りませんでした。確認してみると最後の更新から4か月経過しているので、少なくても4か月前には、この機能があったことになります。このことで分かるように、説明書やマニュアルをきちんと読まないといけません。

詳細は →

wpXレンタルサーバー


-WPXサーバー

執筆者:

-関連記事-

WPXレンタルサーバーでW3 Total Cacheを使ってはいけないんですね

モバイルでもキャッシュを生成してブログの表示を速くしたい!って思ってキャッシュプラグインを使ってみたんだけど、ブログが真っ白になったんです。バックアッププラグインでもあるAll-in-One WP M …

WPXレンタルサーバーなのに平均読み込み時間が遅い理由が分からない

WPXレンタルサーバーだって、多すぎるブログを詰め込んだり、多すぎるプラグインを使えばブログが遅くなります。このことは、WPXレンタルサーバーじゃなくてエックスサーバーでも同じことです。 目次1 昨日 …

ドメインを指定してWPXレンタルサーバーで受信拒否するこにしました

エックスサーバーでメール専用のドメインでメールアドレスを作成しています。それで、何年も前から、エックスサーバーではドメインを指定してメールの受信を拒否していました。そして、WPXレンタルサーバーでもド …

レンタルサーバーを分散して使っていると安心感があります

IPアドレスの分散は気にしない方がいい。だけど、SEOに良いとか悪いとかじゃなくて、リスクを分散する意味でレンタルサーバーは、複数借りた方がいいと思う。2~3個にブログなら別だけど、5個以上のブログに …

WPXレンタルサーバーのCPU使用量の最大値がやたら高くなっちゃう

WPXレンタルサーバーのCPU使用量の最大値が出るのは、パソコンで作業をしているときなんです。だから、パソコンをいじらなければいいんですけど、そうもいきません。それに、記事を書いたり投稿するだけではC …