WordPress Rensaba site

WPXサーバーとエックスサーバーの評判と比較 ワードプレスとレンタルサーバー

サーバー全般

バックアップしてるレンタルサーバーを借りるのがいい

投稿日: 更新日:

レンタルサーバーを借りたら、自分でデータのバックアップしなければいけません。ここが無料ブログと違うところです。無料ブログは制限があるんだけど、その代わり記事を書くだけでいいんです。メンテナンスやバージョンアップをする必要はありません。

レンタルサーバーを借りたら、自分でバックアップするんです

レンタルサーバーにワードプレスをインストールしてブログを始めるってことは、自分でメンテナンスもバージョンアップもしないといけないんです。今では、無料ブログを始めると同じ感じで、ワードプレスを始めることができますが、その先が違うんです。

初めてのブログだったら、定期的にバックアップしてるレンタルサーバーが間違いないと思います。最低でも、万が一、ハードディスクが破損した場合に備えているレンタルサーバーを借りないといけませんが、だいたいのレンタルサーバーが2本のハードディスクに同じ書き込みをしているRAID1などになっています。

だいたいのレンタルサーバーがRAID1などを採用していますが、レンタルサーバーを借りるときは、必ず、確認してから契約しましょう。後になって、RAID1などのバックアップをしていないと分かってもどうしようもありません。

定期的にバックアップしてるレンタルサーバーを借りていれば、記事のエクスポートなどバックアップは全く必要ないかというと、そうではありません。レンタルサーバーがバックアップする場合、データベースとディレクトリになります。

自分で記事のエクスポートはしておいた方がいいと思う

データベースをバックアップしておけば、バックアップした時点に完全に復旧することができます。だけど、データベースの復旧って難しいんです。レンタルサーバーによっては、簡単にインポートできる機能がありますが、まだ少ないようです。

ディレクトリのバックアップは、FTPで接続できるデータってことになります。少なくともドメイン全てってことになります。レンタルサーバーによっては、サーバー全てって場合もあると思います。そうなると、FTPでアップして上書きするとしても、かなりの時間がかかります。

だったら、テンプレートと画像をFTPでバックアップしておいて、記事をエクスポートしておいた方が早く復旧できます。ワードプレスのインストールは自動でできることが多いし、時間もかかりません。エクスポートしておいたデータをインポートするのって、1000記事くらいならたいして時間がかかりません。

ここまでやっておけば、あとは、FTPでバックアップしておいたテンプレートをアップしたり、画像をアップすればいいんです。画像をFTPでアップすると、アイキャッチ画像が表示されませんが、慌てることはありません。だけど、1万記事もあったら厳しいかもしれません。でも、そんな人は滅多にいないと思います。


-サーバー全般

執筆者:

-関連記事-

転送量が300GBってことは、30万PVってことになるみたい

ネットオウルのレンタルサーバーの転送量制限は、目安として月に300GBです。300GBというのは、WPXクラウドのホームページの数字を参考にすると、30万PVってことになります。画像が大きかったり、多 …

アクセスの多いブログが、ちょっと重いのは仕方がないのか?

グーグルのアナリティクスでサイトの速度を確認してみました。そうしたら、1ブログだけ平均読み込み時間が7秒もかかっているんです。たしかに、少し前にPingdomで表示速度を計測したときに、このブログだけ …

同じアカウントのレンタルサーバーはIPアドレスが同じ

レンタルサーバーを複数借りる場合に、同じアカウントでレンタルサーバーを借りると、同じIPアドレスになります。だから、もし、同じIPアドレスにしたくない場合は、新規にアカウントを取得して、レンタルサーバ …

レンタルサーバーの迷惑メール設定を無効にして転送してます

レンタルサーバーでメールアドレスを作成している人は大勢いると思いますが、レンタルサーバーのWEBメールを使っている人は、その割には少ないと思うんです。きっと、Gmailなどにメールを転送してるんだと思 …

UptimeRobotにログインしてレンタルサーバーの状況を確認しました

UptimeRobotを確認してみると、エックスサーバーは100%でした。エックスサーバーのブログは全て100%の稼働率ってことです。wpxレンタルサーバーは、99.99と100%が半分ずつです。この …