レンサバとワードプレス.net

レンタルサーバー比較とWordPressのタカのブログ 初心者におすすめの個人向けレンタルサーバー

WPXサーバー

WPXレンタルサーバーの全ブログが平均読み込み時間が0.00秒なってる

投稿日:

少しでもWPXレンタルサーバーのブログの表示速度を速くしようと、ブログを引っ越しさせて減らしたんです。確認してみたら、「サイトの速度についての提案」の「平均読み込み時間」が0.00秒だったんです。しかも、WPXレンタルサーバーのブログの全部が、0.00秒だったんです。

全てのブログが0.00秒だったら、これ以上ありません

だけど、0.00秒ってことはありませんよね?0.00秒っていうのは、計測していないってことなんだろうか?よく見ると「平均読み込み時間(秒」 対「指標を選択」ってあるので、いつもと変わらないってことのようです。

WPXレンタルサーバーのブログを減らした効果が出たのならうれしいんだけど、ただ単にアクセスが減ってるってことも考えられえるので、その辺のところがはっきりするまでは喜んではいられません。

でも、「サイトの速度についての提案」の「平均読み込み時間」が0.00秒なのはいいことです。しかも、WPXレンタルサーバーでやっているブログの全部が0.00秒なんて文句なしなので、少しでも長く続いて欲しいです。

レンタルサーバーのブログを減らすのは、最後の手段です

ブログの表示速度を速くするには、とにかく性能のいいレンタルサーバーを借りるのが間違いないんだけど、ランニングコストがかかるので難しいんです。WPXレンタルサーバーの月額料金だって厳しいんですからね。

地味なんだけど、プラグインを減らすなどしてレンタルサーバーにできるだけ負荷をかけないことで、表示速度を落とさないようにしています。同時に、画像を縮小したり最適化しています。画像の最適化は、画像をあまり劣化させないように軽量化するってことです。

残る対策としては、レンタルサーバーで運営するブログを少なくするというのがあります。いくつかのブログをやっている場合、ブログを減らせば、その分だけ、レンタルサーバーの負荷が減るので、表示速度が速くなります。正確には、表示速度が速くなるというよりも表示速度が落ちなくなるってことだと思います。

WPXレンタルサーバー以上のレンタルサーバーを借りるのは難しいし、できるだけプラグインを減らしたり、画像を軽量化しています。そして、WPXレンタルサーバーでやっているブログを減らしたので、これ以上の対策をすることはできません。

詳細は →

wpXレンタルサーバー


-WPXサーバー

執筆者:

-関連記事-

WPXレンタルサーバーのCPU使用量の最大値が100%を超えなくなってきた

このブログで使っているWPXレンタルサーバーなら、CPU使用量を確認することができるんです。それで、CPU使用量を確認しているんだけど、CPU使用量の最大値が100%を超えなくなってきました。だけど、 …

エックスサーバだけでなく、WPXレンタルサーバーを使い始めた理由

WPXレンタルサーバーを借りる前に、エックスサーバーを借りていたんです。エックスサーバーくらいが調度いいって思ったんです。ロリポップやミニバードよりは格上のレンタルサーバーだから、転送量に余裕があるん …

WPXレンタルサーバーでW3 Total Cacheを使ってはいけないんですね

モバイルでもキャッシュを生成してブログの表示を速くしたい!って思ってキャッシュプラグインを使ってみたんだけど、ブログが真っ白になったんです。バックアッププラグインでもあるAll-in-One WP M …

mod_pagespeedを無効にした方が評価が上がる感じがするんです

少しでも表示速度を上げようと、いろいろカスタマイズしていたら、このブログで使っているファイバーバードの評価が上がったんです。だけど、エックスサーバーとWPXレンタルサーバーの評価がほとんど変わらなかっ …

WPXレンタルサーバーなのに平均読み込み時間が遅い理由が分からない

WPXレンタルサーバーだって、多すぎるブログを詰め込んだり、多すぎるプラグインを使えばブログが遅くなります。このことは、WPXレンタルサーバーじゃなくてエックスサーバーでも同じことです。 目次1 昨日 …